ラーニングシステム利用規約

【重要】 会員登録をされる前に、下記ご利用規約をよくお読みください。

利用規約

第一章(会員)

第一条(会員)

1.会員とは、本規約及びPSSPラーニングシステムの環境を運営する株式会社龍野情報システムのラーニングBOX利用規約に同意のうえ、所定の手続に従って利用の申し込みを行った、士長以下の階級である現役自衛官の皆様をいいます。

2.弊社は、会員登録の申し込みを受け、必要な手続を経て申し込みを承諾します。なお、手続において第十二条(禁止事項)に該当する行為を行うおそれがある及び申込日(継続日)に既に3曹以上の階級にあるなど、会員とすることに支障があると弊社が判断した場合には、弊社は会員登録を承諾しない場合があります。

第二条(会員資格及び権利の譲渡等の禁止)

会員は、本サービスに対して会員が有する一切の資格及び権利を、第三者に販売・贈与・交換する等、他人に譲渡する行為、及び貸与する行為(有償・無償を問わない)はできません。

第二章(利用規約)

第三条(規約)

本規約を承諾の上、本サービスへの登録を行った会員は、本規約に従って本サービスで提供する各種のサービスを利用することができます。

第四条(規約の改訂及び修正)

1.弊社は会員への事前の承諾を得ることなく、本規約を改訂及び修正することがあります。

2.改訂及び修正した本規約は、オンライン上に表示したときをもって効力を生じるものとします。ただし、別途適用開始時期が定められている場合は、オンライン上に表示した適用開始時期から効力を生じるものとします。

3.本規約の改訂及び修正後、本サービスを利用した当該会員は本規約の改訂及び修正に同意したものとし、改訂及び修正した本規約を遵守するものとします。

第三章(本サービス)

第五条(サービスの内容)

1.本サービスは、書き込み・投稿、メールの送信等、インターネットを通じて運営、提供するサービスです。なお、サービス内容の詳細は、各サイトに表示されるものとします。

2.弊社は会員に対し、弊社が必要と判断した情報及び会員にとって有益と判断した情報に関し、ダイレクトメール、メッセージを送ることができるものとします。

第六条(サービスの変更)

弊社は、理由の如何を問わず、会員に事前の通知をすることなく、本サービスの内容の一部または全部の変更・追加・廃止をすることがあります。

第七条(サービス及び運営の中断・終了)

1.次の各号のいずれかの事態が生じたことにより、本サービスを提供できない場合、弊社は予告なく本サービスの一部または全部を中断または終了することがあります。

(1)情報量の超過、または弊社のサーバーの処理に負担が生じた場合

(2)本サービスを提供する機器の故障、システム障害、管理する設備の停電、通信回線の異常等のトラブルが発生した場合

(3)設備の管理保守及びシステム保守を必要とする場合

(4)地震、火災、その他のやむを得ない事情による非常事態が発生した場合

(5)法令に基づく措置が必要となった場合

(6)本サービスの月に1回の不定期でのメンテナンス、その他、運営上及び技術上の理由により、本サービスの中断・終了が必要であると弊社が判断した場合

(7)その他の理由により、本サービスの提供が困難であると弊社が判断した場合

2.前項の規定及び第六条(サービスの変更)を実施する場合、弊社は、その旨を会員に対して弊社が定める方法で、すみやかに告知するものとします。ただし、緊急の場合はこの限りではないものとします。弊社は理由の如何を問わず、前項及び第六条(サービスの変更)によって生じた会員の損害及び不利益について、一切責任を負わないものとします。

第八条(本サービスの利用に関する入会金及び年会費)

  1. 会員は、本サービスの利用のため、弊社に対して、弊社の指定する方法によって、入会金及び年会費を支払うものとします。

2.弊社は、会員が支払済の入会金及び年会費については、理由の如何を問わず、返金しないものとします。

第四章(義務及び責任)

第八条(会員の義務及び責任)

1.本サービスの利用に必要となる機器、ソフトウェア、その他設備、及び回線利用契約の締結、インターネット接続サービスへの加入、その他本サービスの利用に必要となる一切の準備、ならびにその維持は、会員が自己の費用と責任をもって行なうものとします。

  1. 会員が、本規約を遵守したうえで書き込み・投稿・掲示した内容に関しては、書き込み・投稿・掲示した会員が一切の責任を負うものとし、弊社は一切の責任を負いません。

3.本サービスの利用によって生じた会員間または会員と第三者との間で生じたトラブルに関しては、当事者間で解決するものとし、弊社は一切の責任を負いません。

第九条(変更の届け出)

  1. 会員は、メールアドレスや連絡先等の弊社に届け出た内容に変更が生じた場合は、変更内容をすみやかに弊社が定めた方法で、届け出るものとします。
  2. 会員が、前項の変更を届け出るまでの間、及び届け出を怠ったことにより、会員が被った不利益に関して、弊社は一切の責任を負いません。

第十条(ID及びパスワードの管理)

  1. 会員は、パスワードを容易に第三者に推測されることのないよう、登録した会員の管理責任を負うものとします。会員の故意・過失を問わず、ID及びパスワードの漏洩・公開・第三者による使用等により生じた損害は、当該会員が負担するものとし弊社は一切責任を負担しないものとします。
  2. 会員は、ID及びパスワードを、第三者に販売・贈与・交換する等、他人に譲渡する行為、及び貸与する行為(有償・無償を問わない)はできません。また方法の如何を問わず、第三者に利用させてはならないものとします。これに反して損害が生じた場合、弊社は一切の責任を負わないものとします。

3.ID及びパスワードを使用して行われた本サービスのご利用は、ご本人による利用であったか否かにかかわらず、弊社がID及びパスワードを登録した会員によりなされたものとみなし、当該会員が一切の義務と責任を負担するものとします。

  1. 会員は、自己のパスワードを紛失・漏洩・公開等、第三者に利用されるおそれがある場合、または利用されている場合は、直ちに弊社に通知し、弊社の指示に従うものとします。

第十一条(義務及び免責事項)

1.弊社は、本サービスが健全かつ適切に利用できるよう努力する義務を負うものとします。

2.弊社は、本サービスにより会員から提供される情報については、その完全性、正確性、有用性等いかなる保証も行なわないものとします。

3.弊社は本サービスの利用に関して生じた会員の損失や損害について、いかなる賠償責任も当該会員に対し負わないものとします。

4.弊社は、本サービスに登録された個人情報を除いて、会員が書き込み、投稿した全てのデータについて、秘密保守義務を負うことなく、利用する(加工しての利用や何らかの権利を取得することなども含む)ことができるものとします。

第五章(禁止事項と情報の削除)

第十二条(禁止事項)

本サービスの利用にあたって、会員の次の各号の行為を禁止します。 これらの禁止行為を行なった場合、またはこれらの行為を行なうおそれがあると弊社が判断する場合は、弊社は、第十五条(利用の停止及び強制退会)に基づき、会員登録を抹消し、以後の本サービスのご利用をお断りすることがあります。また、次の各号の禁止行為を会員が行ったことによって会員及び第三者に生じた損害に対して、弊社は一切の責任を負いません。

(1)不快感、猥褻感、嫌悪感を与えるおそれがあるなど公序良俗に反する行為、またはそれら公序良俗に反する行為や情報を他の会員、弊社、その他第三者に提供する行為

(2)他の会員、弊社、その他第三者への、誹謗中傷・嫌がらせ・脅迫・罵倒等をするなど、名誉または信用を毀損する行為、またはそのおそれがある行為

(3)他の会員に不快感を与えたり、社会通念に著しく反するようなWEBサイトのリンク掲載をする行為

(4)弊社の承諾を得ずに、商品販売・サービス等勧誘目的の書き込み・投稿・掲示するなどの商・宣伝行為(個人・法人問わず)や営利を目的とした行為(アフィリエイトリンクを含む)

(5)自殺、自傷行為、暴力等を誘発、助長、推奨する行為

(6)階級を偽る等、虚偽もしくは架空の情報をもって、本サービス行為に登録する行為

(7)虚偽もしくは架空の情報をもって、他の会員、弊社、その他第三者に不利益を与える行為、またはそのおそれがある行為

(8)刑法上の犯罪、民事上の不法行為、その他法令に違反する行為。またはその行為を助長もしくは幇助する行為

(9)民族的・人種的・性的な差別及び特定の宗教や団体に対しての誹謗・中傷、偏見など基本的人権を損なう行為、またはそのおそれがある行為

(10)本サービスを利用しての政治的活動・宗教活動、またはこれらに類似する行為

(11)他の会員、弊社、その他第三者のプライバシーや肖像権、著作権等の知的所有権及びその他の権利を侵害する行為、またはそのおそれがある行為

(12)虚偽もしくは架空及び第三者の電子メールアドレスを利用して、本サービスを利用する行為

(13)他の会員のメール送受信妨害、連鎖的なメール転送の依頼、または迷惑メール等を助長する行為

(14)コンピュータウィルスを含むファイル、その他、コンピュータの機能に有害なソフトウェアまたは、コンピュータプログラムを送信・アップロードする行為

(15)一つの会員IDを使用して複数の人が本サービスを利用する行為

(16)住所、電話番号、金融機関口座番号など他人の個人情報をみだりに公開する行為

(17)その他、弊社が本サービスの運営上不適切と判断する一切の行為

第十三条(情報の削除)

  1. 会員が本サービス上に書き込み・投稿・掲示等、登録したデータについて、次の各号のいずれかに該当する場合、または該当するおそれがあると弊社が判断した場合には、弊社は当該会員に事前の通知なく削除できるものとします。ただし、このことは弊社が会員の行為についてすべての管理責任を負うものではありません。

(1)弊社が定める期間を経過した場合

(2)情報量の超過、または弊社のサーバーの処理に負担となる場合

(3)第十二条の禁止行為にかかわる場合

(4)その他本規約に違反する場合

(5)法令に基づく措置が必要となった場合

(6)その他正当な理由に基づき、弊社が削除を妥当と判断した場合

2.前項に基づき、登録されたデータを弊社が削除した場合、会員はこれに対しての異議を申し立てないものとします。

第六章(退会及び利用停止)

第十四条(退会)

  1. 会員は、本サービスの利用の終了を希望する場合は、弊社が指定する方法により、弊社に対して本サービス退会の申し出をするものとします。当該退会の申し出を弊社が定める方法にて確認できた日時をもって会員は本サービスから退会したものとします。

2.本サービスの利用は会員が退会した時点ですべてできなくなり、当該会員のページや当該会員が書き込み・投稿・掲示等した情報の編集や削除はできなくなります。この場合、弊社は退会した会員の個人情報をすみやかにデータベースから削除します。

3.退会した会員の書き込み・投稿・掲示等で他の会員に有益な情報になると弊社が判断した場合、これを消去せず情報を継続して掲載する場合があります。この場合において、継続しての掲載をのぞまない会員は退会前に自らの責任において削除してください。

4.本サービスを退会した場合でも弊社の会員登録や講座受講に関する登録の抹消にはなりません。これは下記に記載する強制退会(第十五条)の場合も同様です。

第十五条(利用の停止及び強制退会)

  1. 会員が次の各号のいずれかに該当すると弊社が判断した場合には、当該会員の本サービスの利用を停止または、当該会員を強制的に退会させることができるものとします。

(1)本規約に違反した場合

(2)弊社への申し出・届け出内容に虚偽があった場合

(3)その他、弊社が会員として不適当と判断した場合

2.過去に強制退会とされた会員が再度会員登録申し込みをした場合、弊社はこれを承諾しない場合があります。

3.利用停止及び強制退会の結果、当該会員に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は一切責任を負わないものとします。

第七章(著作権等)

第十六条(著作権等について)

  1. 会員が書き込み・投稿・掲示等した著作物に対するすべての著作権(著作権法第27

条及び第28条の権利を含む)は、弊社に帰属します。

  1. 会員は、書き込み・投稿・掲示等した著作物を弊社または弊社が指定する第三者が

自由に改変して利用すること、及びその名義または無名もしくは変名にて公表すること

に同意するものとします。

 3.当サイト内に掲載されている文章、写真、イラスト、動画、音声等著作物の著作権は弊社に帰属します。著作権上認められた範囲内において使用する場合を除き、弊社の許諾なく複製、公衆送信、翻案等利用することを禁じます。

 4.本サービスに表示される商標、ロゴ、デザイン等は、弊社または第三者の登録商標または未登録商標です。弊社は、会員やその他の第三者に対し、何ら当該商標を使用許諾するものではありません。

第八章(個人情報)

第十七条(個人情報について)

1.弊社は、会員が登録の際に届け出た個人情報について、別途定める「弊社プライバシーポリシー」に従って取り扱うものとし、会員の個人情報の保護に細心の注意を払うものとします。

  1. 会員は、弊社に届け出た個人情報について、弊社が会員の確認・本サービスの向上・本サービスを提供する目的のために、別途定める「弊社プライバシーポリシー」に従い、弊社が個人情報を利用することに同意するものとします。

3.本規約にかかわらず、会員が書き込み・投稿・掲示等、登録した情報に関するインターネット上での通信の秘密は、インターネットの性質上必ずしも保障されていないことを会員は予め承諾し、自己の責任と判断で、本サービスを利用するものとします。

  1. 会員が、自発的に会員自身の個人情報を登録・公開・掲載等した場合、第八条(会員の義務及び責任)の規定に従い、その結果について弊社は一切の責任を負いません。

5.弊社は、法律の定め、または裁判所、行政機関の命令等に従って会員の個人情報の開示を求められた場合、犯罪の捜査、第三者に対する権利侵害の排除もしくはその予防、人命、身体または財産の保護のために必要がある場合、その他これに準ずる必要性がある場合には、弊社が必要と判断した範囲内で会員の個人情報を開示することができるものとし、会員は、このことを予め承諾しているものとします。

第九章 その他

第十八条(損害賠償)

  1. 会員が本規約に違反することによって、弊社に損害が生じた場合、当該会員は、弊社にその損害を賠償するものとします。
  2. 会員は自己の責任において本サービスを利用するものとし、弊社は本サービスの利用によって生じた会員の損害について、損害賠償責任を負わないものとします。

第十九条 反社会的勢力の排除

  1. 弊社及び会員は、相手方に対し、当該会員による本サービスの利用開始時点において、自己及び自己の取締役、執行役、執行役員等の経営に実質的に関与する重要な使用人、実質的に経営権を有する者が反社会的勢力に該当しないことを表明し、かつ当該会員による本サービスの利用期間中該当しないことを保証するものとします。なお、本条において「反社会的勢力」とは、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(以下「暴対法」といいます。)第2条第2号に定義される暴力団、暴対法第2条第6号に定義される暴力団員、暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団、暴力団密接関係者及びその他の暴力的な要求行為若しくは法的な責任を超えた不当要求を行う集団又は個人をいうものとします。
  2. 弊社及び会員は、本サービスの利用に関連して自ら又は第三者を利用して以下の各号に該当する行為を行わないことを、相手方に対し、保証するものとします。

(1) 暴力的な要求行為

(2) 法的な責任を超えた不当な要求行為

(3) 脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為

(4) 風説を流布し、偽計又は威力を用いて他方当事者の信用を棄損し、又は他方当事者の業務を妨害する行為

(5) その他前各号に準ずる行為

第二十条  基準時間

本サービスの提供にあたって基準となる時刻は、全て弊社のサーバ内で管理されている時刻によるものとします。

第二十一条  準拠法・管轄裁判所

  1. 本利用規約は日本法に基づき解釈されるものとし、本利用規約の一部が無効な場合でも、適用可能な項目については効力があるものとします。
  2. 本サービスに関連して訴訟等の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2020年10月10日改定